home › ゴッドはんだ 株式会社 会社概要 › ハンダ付け職人 採用情報

採用情報

  • ものつくりで培ってきたノウハウを 知恵とユーモアを
    融合することで社会に喜ばれる商品やサービスとして提供する企業を目指します。
  • 清潔、安全でゆとりのある職場環境を整え、
    社員自身が誇りを持って仕事に取り組める企業を目指します。
  • お客様からのご依頼に対し、常に期待を上回るサービスを提供するため、
    自ら学び、成長して会社を改善し続けます。

はんだ付けに対する誤解・勘違いを撲滅する!
【ゴッドはんだ株式会社】

代表の熱い思い!

電機・電子機器産業の発展ははんだ付けの高い技術による
電機・電子機器製造業は、戦後日本の経済を発展させ、国民の生活向上に大きく貢献した、日本を代表する産業です。
はんだ付けは、その電機・電子機器製造業においてかかせない技術であり、はんだ付けの高い技術があったからこそかくも発展してきたと言っても過言ではありません。はんだ付けの歴史はとても古く、発祥は紀元前にまで遡ります。長い歴史を持ちつつ最先端の分野においても代替不可の技術であり、今もなお進化を続けているという、非常に奥深いものでもあります。

ミッション
ここ数年、電機・電子機器製造業界でのはんだ付け技術の進歩は目覚しいものがあります。
部品の小型化が進み、肉眼では見えないような微細なはんだ付けや環境問題に対応した鉛フリーハンダが主流になるなど、はんだ付け業界の常識はどんどん変化しています。
しかし、重要かつ深旨なものでありながら 適切な初心者向けの教材・書籍がないことや学校の先生方でさえはんだ付けの正しい技術を学ぶ機会がほとんどないため、世間一般の方のはんだ付けに対する古い認識は常態化しており、優れたハンダゴテやハンダ付け技術普及の足かせとなっています。
当社では、こうした現状を打破するために 10年前から、はんだ付けの正しい知識を啓蒙するため、HPで無料のはんだ付け講座を公開するなどの活動を行ってきました。
当社は世の中にはんだ付けを通して貢献することをミッションとしています。
現在、ともすれば暗くネガティブなイメージが纏わりつくはんだ付けですが、10年後、20年後に、誇るべき技術としてはんだ付けが広く正しく明るく認知され、新しい技術の誕生に貢献できるよう 努めて参ります。

ゴッドはんだの目指す未来

ゴッドはんだは、大手の下請け製造業を生業としていた時代から変革し、自社の持つ高いはんだ付けの技術をハードとソフトの両面からサービスとして提供することで、第2創業期を迎えました。
また、社長が理事長を務めるNPO日本はんだ付け協会の検定・講習事業も前年比55%UPの勢いで増加しており、会場と講師の確保さえ十分であれば、さらなる伸びの余地があります。(ゴッドはんだと日本はんだ付け協会は、互いを保管し相乗効果を生む関係にあります)
国内ではハンダゴテを使った手作業での小企業が年々 廃業するなどして減少しており、淘汰も最終局面に入っていると思われます。
受け手を失った、手作業でのはんだ付け仕事が他府県からも持ち込まれるようになり、同時に、企業内でのはんだ付け作業者の教育ニーズも高まっており、手はんだ付け作業の重要性が見直されるにつれ、新入社員教育や定期的な社員教育にはんだ付けが取り入れられるケースが増加してきています。
将来的に日本の、さらには世界のはんだ付けスタンダードを構築して、世に貢献していきたいと考えています。

ゴッドはんだ株式会社 社長はどんな人?

1967年1月大阪生まれ滋賀育ち。島根大学卒業後、関西NECに勤務。

24歳で父の経営する株式会社ノセ精機(ゴッドはんだ株式会社)へ入社。

大手の下請け仕事でノホホンと過ごしているうちに、大手は新興国に進出。
新しい事業を始めたいと 模索する内自社には 取引先から信頼を得ていた「はんだ付け技術」という宝がある事に気付く。
「はんだ付け技術」を情報商材として、企業に提供する事に商機があるのではと考え企業用はんだ付け教育DVDを作成、2000社以上で採用される。

みずから広告塔「はんだ付け職人」となって ウェブ戦略によるビジネス展開を行い「誇るべき技術」である「はんだ付け技術」をソフトとハードの両面で提供している。

ゴッドはんだ株式会社で働くすべての人が働きやすい環境を目指して

はんだ付け職人さんが誇りを持って働けるよう徐々に環境を整えてきました。(まだまだ進化します)
お医者さんや研究所をイメージして、制服は白衣。(夏季はTシャツです)
机はやイスは、大型のオフィス用のものを配置して、リラックスして集中できる環境を整えています。
PCはダブルモニタを標準装備。お客様とのやり取りを、メールやWEBなどのツールを使って快適に行えるように配慮しています。
※弊社のはんだ付け職人さんたちは、残業が嫌いです。ほとんど定時で帰宅します。(たまに30分〜1時間残る事はあります)
社長をはじめ、趣味や家事を充実させたいので、仕事は集中して効率よくこなして自分の時間を作り出しています。

応募する
求める人材

  • 経営理念に共感できる
  • 発信が好き(当社はWEBだけで営業しています)
  • 手先が器用(世界でもTOPレベルのはんだ付け技術を身に付けていただきます)
  • 本を読むのが好き(好奇心が旺盛で自己と周りを成長させる意欲を持っている)
  • 相手のことを第一に考え思いやりをもって行動できる
先輩からひと言

以前の仕事は?
電子機器メーカーの生産現場で2年働いていました。
志望した理由は?
学生時代に、インターンシップでお世話になったことがあり、実習で非常に役立ったことと、前職でも、はんだ付けは欠かせないものでした。
はんだ付けの講師もしてみたいと思い、志望しました。
実際働いてみてどうですか?
初めての事が多く、今まで経験したことが無いことをすることの難しさや楽しさがあります。
毎日の経験の積み重ねで、出来ることが増えていき、楽しく仕事をすることが出来ています。
先輩社員の一日

お客様からのお問い合わせの返信
はんだ付け作業(LED交換や基板実装作業)
お客様からのご依頼はんだ付け作業の生産管理
出張はんだ付け講習の準備、はんだ付け検定の試験官

以前の仕事は?
食品製造業で経理・総務の仕事をしていました。
志望した理由は?
子育てで、仕事から約7年間ほど離れていたため仕事復帰をするなら、以前10年間程経験のある事務職が いいなと思ったからです。
実際働いてみてどうですか?
最初は、「仕事の勘」を取り戻すのと、仕事を覚えることに必死でした。
今も色々新しいことを覚えていく日々が続いています。
でも、この仕事をしているおかげで、今まで知らなかった事を知れたり、新しい発見もありとても楽しいです。
また、自分がいかに早く仕事を進めて、段取りよく仕事の効率アップをしていけるか・・・など、目標を持って仕事をする大切さを教えてもらいました。
先輩社員の一日

インターネット・FAX注文による商品の出荷作業
商品の在庫チェック・発注
販売用はんだ付け実技教材の作成等
NPO日本はんだ付け協会への講習・検定申し込みに対する受付業務

採用情報(正社員)
パート社員の募集情報はこちら
職種 1:技術者
2:一般事務・WEBを中心とした販促活動(マーケティング)
 仕事内容
☆1:技術者

@ WEBサイトを観て全国からご依頼いただく
  難易度の高い「はんだ付けのご依頼」の技術担当

A 当社社長が理事長をつとめるNPO法人
 「日本はんだ付け協会」のはんだ付け講師

B SNS、ブログ、WEBサイトでの発信

C はんだ付けの教育教材の開発(動画)など

☆2:一般事務と
   WEBを中心とした販促活動(マーケティング)


@ 一般事務

A WEBを中心とした販促活動(マーケティング)

B SNS、ブログ、WEBサイトでの発信

C はんだ付け講習イベントの企画・運営
 給与  初任給¥200,000〜240,000円
 ※試用期間 3ヶ月有(日割り計算)
通勤手当、 賞与(年2回 計3ヶ月分〜) ※2017年実績
 勤務地  滋賀県東近江市大萩町271
 勤務時間・曜日  8:30〜17:30
完全週休2日制(祝日は、有給取得奨励日に当てています)
社内カレンダーによる 。正月、お盆休みあり
年間休日112日
資格・経験 大学卒業以上
普通免許
PCを苦なく使える方(ワード・エクセル・メール・WEBの買い物)
はんだ付けの経験は必要ありません
 応募方法  最下段の「応募フォーム」からご応募下さい。
1.件名は「求人について(正社員)」
2.履歴書は、PDF,エクセル、ワード形式などで添付して下さい。
3.「働くこと」に対する思いを記入してください。
 連絡先住所 〒527-0174  滋賀県東近江市大萩町271
株式会社 ノセ精機 
 連絡先TEL  0749-46-0456
福利厚生 各種社会保険を完備しています。
(健康保険・雇用保険・厚生年金・労災保険)
提出書類 履歴書、卒業見込み証明書、成績証明書、健康診断書(準ずるもの)
選考方法 筆記試験(一般常識)、面接
担当 岡司一美
応募フォーム
件      名
お名前   (必須)
 御住所   (任意)
E-MAIL   (必須)
E-MAIL再入力   (必須)

本文
履歴書添付 ファイルサイズ2Mまで
       

スタッフ紹介

DVD はんだ付け講座

DVD

ハンダ付けの技術が
手に取るように判る
DVDはんだ付け講座

採用1500社を超えました!
(有名国公立私立大学、
専門学校、
図書館等を含みます)

・鉛フリーハンダ導入で
  お困りの方に
・ISOで要求される定期的
 教育訓練  や技能認定に
・教育資料をつくる時間のない
 品質管理担当者の方に

個人のお客様向けサービス

イメージ

ハンダ付け1ヶより承ります。
ハンダ付け職人にお任せ!

ハンダ付け職人のブログ

ブログ

Pbフリー(鉛フリー)を含む
半田付け技術集積blog

ハンダ付けの悩み解決!
職人技公開

半田コテ インプレッション
糸半田 インプレッション
その他 Pbフリーに関する情報・・、質問に対する 回答集・・、最高級の半田・・など、ちょっとマニアックな情報もUPしていきます

はんだ付け講習

はんだ付け職人

全国各地で定期的に開催
NPO日本はんだ付け協会主催
はんだ付け検定に対応

▲ ページトップへ

Copyright © GODHANDA co.ltd. All Rights Reserved.