home › はんだ付け講座 › WEBはんだ付け講座 › はんだの除去

はんだ付け基礎講座 WEB版

13 半田の除去

はんだ付けに失敗した時に使用します。 はんだ吸い取り専用の機器もありますが高価です・・

半田吸い取り器には、真空ポンプを内蔵しているか、コンプレッサーに接続して使うものなどありますが、いずれもピストル型で、先端に穴の開いたノズルがあり、半田を熔かして吸い取るようになっています・・。

量産品を手直ししたりするには、便利なものですが、趣味などで一般的に使っている人はいないと思います。
(趣味では、半田の手直しがそんなに発生しない・・)


通常は、銅線を編んだWICK(はんだ吸い取り線)と呼ばれる(HAKKO WICKなど)を使用します。

使用法は、銅編み線を吸い取りたい半田に載せ、上から熱容量の大きなコテで暖め、溶けた半田を銅編み線に沁み込ませるというものです。

他にはバネ仕掛けの注射器みたいな、簡易半田吸い取り機もあって、これを熱する機構がないので、半田コテで半田を溶かし、ノズルの先端をあてがいボタンを押すと、バネの力で一瞬真空状態を創ってはんだを吸い込むというものです。

半田吸い取り器は便利ですが、手入れが結構たいへんで吸い込んだ半田がよく目詰まりを起こします。
頻繁に掃除をしてやらないとすぐに使えなくなってしまいます。真空状態を造ってやるのに、Oリングなどパッキンへのグリスアップも欠かせません。

したがって、大量に手直しをしないのならば半田吸い取り線で充分だと思います。

※ただし、「十分な熱容量を持つ半田コテで手早く作業を終わらせる」ことが必要です。
特に鉛フリーハンダの場合、共晶半田の場合よりも大きな熱量が必要です。

もっと、はんだ付けについて勉強したい方は!
観るだけではんだ付けできる!DVDはんだ付け講座
さらに、実技講習をお考えの方には
はんだ付け講習会とはんだ付け検定

実技練習用 基板、コネクタ・ケーブルなどの教材もご用意しております。

学校教育には、こちらの教材が便利です。
どんなハンダゴテを選んだらいいのか分からない方はこちら

はんだ付け基礎講座 MENU

DVD はんだ付け講座

DVD

ハンダ付けの技術が
手に取るように判る
DVDはんだ付け講座

採用1500社を超えました!
(有名国公立私立大学、
専門学校、
図書館等を含みます)

・鉛フリーハンダ導入で
  お困りの方に
・ISOで要求される定期的
 教育訓練  や技能認定に
・教育資料をつくる時間のない
 品質管理担当者の方に

PDF はんだ付け講座

DVD

当サイトでは役に立つはんだ付け講座や、各種資料等のPDFファイルをダウンロードして頂く事ができます。

▲ ページトップへ

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.