home › はんだ付け講座 › WEBはんだ付け講座 › はんだの仕上がり状態

はんだ付け基礎講座 WEB版

08 半田仕上がり状態
good! 良いはんだ付け状態
(フィレットが形成されている)
bad!熱不足のイモはんだ
(水滴のような形状)

上記の写真は、同じものを基板へ半田付けしたものですが、違いがわかるでしょうか?

半田の項でも説明しましたが、半田付けはいかに銅とスズの合金層を作製するかが重要なのですが、強度を上げようとして、初心者がやりがちなのが、右の例です・・。

良い半田付けは、ピカッと光っており、その形状は富士山のように裾広がりになります・・。この裾広がりの形状のことをフィレットと呼び、半田付け業界では必ず出てくる言葉です。

右の写真は、一見沢山半田が付いていて丈夫そうに見えますが、中身ではリード線と半田が馴染んでおらず、合金層が完全に出来ていません。

このため、時間の経過と共に実際に電流が流れるようになると、やがて導通不良、部品落下などの不具合を引き起こします。

この写真は一般的なリードの半田付けですが、基本的にどんな部品でも、リードや端子の形状が見える形で半田付けするのが基本です。形状がわからなくなるほど半田を盛るのは、芋半田となりますので、糸半田の量を上手に調整します。

絵に描くと下の図のようになります・・。


いくつか、良い形状のフィレットの写真をお見せしておきましょう。

もっと、はんだ付けについて勉強したい方は!
観るだけではんだ付けできる!DVDはんだ付け講座
さらに、実技講習をお考えの方には
はんだ付け講習会とはんだ付け検定

実技練習用 基板、コネクタ・ケーブルなどの教材もご用意しております。

学校教育には、こちらの教材が便利です。
どんなハンダゴテを選んだらいいのか分からない方はこちら

はんだ付け基礎講座 MENU

DVD はんだ付け講座

DVD

ハンダ付けの技術が
手に取るように判る
DVDはんだ付け講座

採用1500社を超えました!
(有名国公立私立大学、
専門学校、
図書館等を含みます)

・鉛フリーハンダ導入で
  お困りの方に
・ISOで要求される定期的
 教育訓練  や技能認定に
・教育資料をつくる時間のない
 品質管理担当者の方に

PDF はんだ付け講座

DVD

当サイトでは役に立つはんだ付け講座や、各種資料等のPDFファイルをダウンロードして頂く事ができます。

▲ ページトップへ

Copyright © GODHANDA co.ltd. All Rights Reserved.