home › はんだ付け講座 › WEBはんだ付け講座 › 糸ハンダって何?

はんだ付け基礎講座 WEB版

04 糸半田

糸半田は、正確に言うと「ヤニ入り糸半田」と言います。
その名の通り、ヤニ(=フラックス)がゴボウ天のゴボウのようにチューブ状に入っています。

カミソリなどで 糸半田を潰さずにカットすると、その様子が肉眼(目視)でも見ることができます・・。
糸半田の種類によっては、あの細い糸半田の中に2本3本のフラックスチューブが入っているものもあります。

通常、回路基板なんかや趣味で使用するには、RH-63AとかRH-60Aという糸半田を使用します。
このRHというのは、Resin Handaの略で、やっぱり「ヤニ入り半田」という意味です・・。

糸半田の太さには、Φ0.3~3.0mmまで、いろいろありますが、通常、部品が小さい場合はΦ0.6mm、端子が大きい部品などでは、Φ1.0mm程度のものを使用します・・。

糸半田は、細くなるほど値段が高くなるので(、重量当たりの値段)たくさん使用する場合は、太目の糸半田を使用するほうが安くなります。

また、値段も1kg当たり、700~10,000円くらいまでとえらく幅が広いです・・。
この値段の差は、中に入っているフラックスによるものが大きく
 ○ 活性ガス(塩素など)が発生しにくく 腐食しにくい 
 ○ 半田の飛散が少ない 
 ○ 作業性が良い (半田が 流し易い)
 ○ フラックスが飛散しにくい
などの特性が、値段が高いものにはあります・・

あまり値段の安い糸半田を使うと、活性ガスのせいで喉を痛めたりすることがありました・・。
また、量産品では作業性が悪く、糸半田代が安上がりでも、人件費が高くなってしまう場合がありますので1500~2500円程度のものを使うことが多いです。

特殊糸半田という部類もありますが(低温半田、高温半田、銀入り半田など・・) 一般的には、ほとんど使用しないのでここでは触れません・・。


インプレッション
石川金属 GXM3
比較的高価な部類に入ります。 作業性は良く、半田の流れも良いので、金物部品なんかにもよく使います。産業用・公共用にも使用していますので、信頼性は高いです。

石川金属 GXM4
こちらはカタログに載っていません。フラックスの含有量が4%と多く(GXM3では3%) これまた高価です・・。 フラックスが多いせいで、たいへん半田の流れが良く、細いリード同士の半田など、セオリーに反した半田なんかに良く使います・・。 気に入っています・・。

千住金属 スパークル60
これは産業用、量産品に使用しています。安価な割に作業性は悪くないです。ただ、あまり難しい半田には 向かないと思います。一般的にはこれで充分と思います。

HOZAN H-712
Φ0.3mmだけ使っています・・。1005チップなんかもこれを使用しています・・。これも作業性がいいです。

アルミットの糸半田
高いです・・。 このメーカーだけ飛びぬけて高いです。確かに作業性など優れており、「なるほどな・・」とは思うのですが、対費用効果を考えると、使うのに躊躇します・・。よほど信頼性が必要であるとか、高級自作アンプなんかには、使うと値打ちがあがるのではないかな? と思います・・。

もっと、はんだ付けについて勉強したい方は!
観るだけではんだ付けできる!DVDはんだ付け講座
さらに、実技講習をお考えの方には
はんだ付け講習会とはんだ付け検定

実技練習用 基板、コネクタ・ケーブルなどの教材もご用意しております。

学校教育には、こちらの教材が便利です。
どんなハンダゴテを選んだらいいのか分からない方はこちら

はんだ付け基礎講座 MENU

DVD はんだ付け講座

DVD

ハンダ付けの技術が
手に取るように判る
DVDはんだ付け講座

採用1500社を超えました!
(有名国公立私立大学、
専門学校、
図書館等を含みます)

・鉛フリーハンダ導入で
  お困りの方に
・ISOで要求される定期的
 教育訓練  や技能認定に
・教育資料をつくる時間のない
 品質管理担当者の方に

PDF はんだ付け講座

DVD

当サイトでは役に立つはんだ付け講座や、各種資料等のPDFファイルをダウンロードして頂く事ができます。

▲ ページトップへ

Copyright © NOSESEIKI co.ltd. All Rights Reserved.